70余年の歴史に裏付けされた、信頼される眼鏡ショップ

文字サイズ 
標準

イシザワメガネ 大学病院眼科指定店

Child & kids 子供メガネ

幼児期は、視力の発育にもっとも大切な時期。適切なメガネで、正しい矯正視力を出すことが必要です。

視力を正しく育てるには、眼の異常の早期発見が大切です。

 子供の視力は、一般的に生後3ヶ月で0.01程度。その後1歳で0.1~0.4、3~4歳で0.8、そして6歳前後でほとんどの子供が1.0まで視力があがるといわれています。
 このように子供の視力は成長と共に自然に出るようになりますが、幼児期に正しく見ることができない状態をそのままにしておくと、メガネをかけても視力の出ない「弱視」と呼ばれる状態になってしまいます。
 3歳児検診などの視力検査で異常が見つかった場合は、早めに眼科医にて相談されることをおすすめします。

正しいメガネで矯正視力を出し、視力を育てましょう。

 子供の視力は、身体と同じように発育期があります。遠視、近視、乱視などの屈折異常があることがわかったら、早めに眼科医と相談の上、できるだけ早い時期から正しいメガネをかけて視力を育ててあげることが必要です。

子供用メガネのポイント。

 発育期にある活動的な子供のメガネは、安定性、耐久性、フィット性に優れていることが大切です。お子様に最適なメガネをご提案いたしますので、ぜひご来店の上ご相談ください。

子供の治療用メガネには保険が適用されるのをご存じですか。

 9歳未満の子供が「弱視」「斜視」「先天性白内障術後の屈折矯正」等に使用するメガネ、コンタクトレンズに関わる療養費が支給される保険制度があります。申請方法は下記PDFをご覧ください。
 子供の治療用メガネの保険適用に関するさらに詳しい情報は「あいぱっちくらぶ」をご参照ください。
資料PDF

 お子様のメガネの援助は他にもあります。横浜市では就学援助を受けている方を対象に、学校検診でメガネが必要と判断された場合、メガネの購入費として¥10,000を援助する購入援助事業を実施しています。
 購入費援助は協力店のみ適用となりますので、協力店である当店にご相談ください。お子様に最適なメガネを作成致します。

このページのTOPに戻る